ウィークリー・マンスリーマンション情報をお届け!


ウィークリー・マンション メニューウィークリー・マンスリーマンション トップページウィークリーマンションウィークリーマンションの種類ウィークリーマンションの選び方マンスリーマンションとはマンスリーマンションの種類高級マンスリーマンションウィークリー・マンスリーマンションの利用法
必要な時期に必要な期間だけ借りられるウィークリー・マンスリーマンション!!

1ヶ月を超える長期出張や、2年以内の単身赴任をしなければいけなくなったら、きっと「どんな住まいを探そうか」という事に悩むと思います。普通の賃貸住宅を借りるとなれば、わざわざ家具を揃えたりするのが無駄な出費になってきます。かといってビジネスホテルは、狭くて無機質な空間で何日も過ごすのは精神的に苦痛になってくると思います。毎食外食というのも体に悪いですよね。普通の賃貸のように広くて自由があって、気が向いたら料理もできる。そしてホテルのようにベッドやテレビが付いていて契約手続きも面倒じゃなかったら・・・。そういう所を求めている方が大勢いると思います!その願いを叶えてくれるのが、マンスリーマンションやウィークリーマンションなんです。

ウィークリーマンションとは

一般の賃貸住宅は礼金・敷金・保証金や保証人など手続きが必要になります。期間も長期的なものとなることが多いと思います。また、ホテルでは数週間単位で宿泊する場合、料金も割高となってしまい、さらに自室に必要な設備が整っていません。ウィークリーマンション、マンスリーマンションなら短期賃貸マンションとしてご契約して、数週間、数ヶ月単位でリーズナブルな価格で住まいとして利用する事ができます。ウィークリーマンション(マンスリーマンション)には電子レンジや電気釜、冷蔵庫などの生活(自炊)用品が一通り揃っているので、賃貸住宅と同じように郵便を受け取る事ができます。契約も身分証明書だけで契約できます。保証人もいりません。
費用的にも、礼金、保証金等も必要なく賃貸契約に比べて、格安で利用できてしまいます。設備もカーテン、ベッド、テーブル、冷蔵庫、テレビ、調理器具、食器類なども常設されていて、荷物搬入や新規購入をすることなく、カバン一つで引越しができてしまうのがウィークリーマンションの特徴です!!

ウィークリーマンションの 契約

契約に関しては、ウィークリーマンションはホテルのように簡単にチェックインで済むのに対し、マンスリーマンションでは、賃貸借契約を交わす必要があります。ですが、最近では契約も簡単になっているので、実質的には両者の手続きの差はほとんど感じられません。 物件の付帯設備にも両者にほとんど違いはありません。
このように業態や契約形態に違いはあるのですが、付帯設備や最低契約期間に差がなくなってきた今、マンスリーマンションとウィークリーマンションの違いはそれほど、大きな問題ではないのです。

ウィークリーマンションの料金設定

ウィークリーマンションの料金は、1ヶ月や1週間で割り切れない日数分は日割り計算となります。家具が付いている分、一般の賃貸物件よりは割高になります。でも日割り換算するとビジネスホテルの宿泊代よりは安いです。毎月の水・光熱費も不要なのです。生活に必要な費用をまとめて払う事が出来るので、煩わしさがなく計画的な生活がおくれます。必要な期間だけ利用できて、無駄な経費はなるべくかけない。この最も基本的なシステムはビジネスホテルや賃貸マンションとウィークリーマンションの異なるところです。
ウィークリーマンションの多くは、敷金・礼金・手数料などを不要としているので、無駄な経費がかからないのです。また保証人などを用意する必要もないので、不必要な手続きはすべて省いているのも大きな特徴になります。そのため急な出張・仮住まいにもすぐ入居することができます。どの物件もビジネスホテル並みに立地がよく、交通アクセスにも無駄がありません。日割り料金、週単位、月単位で料金も決まっているので安心して暮らせます。

※保証金を必要とする物件、しない物件、税込料金のところ、光熱費などの公共料金・清掃代込み、別、のところもあります、業者によってまちまちです。

Copyright:(c)2008 ウィークリー&マンスリー Good-Mansion. All rights reserved.